稽古内容

   

稽古内容

空手稽古
古流空手の探究に力を注いでおられ作家としても著名な今野敏師範より伝えられた、古流少林流の型・分解組手・棒術を学ぶクラス
・ピンアン(実用型)初段から五段までと古流の型(ナイファンチ,セイサン,ワンシュウ,バッサイ,アーナンクー,チントウ,ウーセーシ,クーシャンクー)の学習と研究
・護身の技を分解組手にて使用方法を試す。
・型の基準から外れる事で技がかからず、基準を守れると技がかかるという事を試し実感が伴って行く様稽古する。

 

フィジカルトレーニング
それぞれの体力に合わせ無理なく着実にトレーニングを指導
ミットやサンドバッグを使用し空手の型で学ぶ身体の使い方で理に敵った突き.蹴りの稽古

 

技研究
想定される様々な攻防(打つ、蹴る、投げる、関節を極める)を錬空武館独自のメソッドでゆっくりと気を合わせて行い、お互い話し合いながら研究するので怪我の心配もありません。

 

組手
技研究で取り組んだ事を実際に動いて試す稽古。サポーターを着用し、お互いに気を合わせて安全性を確保して行います。

 


独自のストレッチや特別なメニューを用意しています!

 

棒術稽古
歴史ある棒術。古流空手とリンクしています。
・基本の振り
・定置基本の型
・型と組棒(2人組で行う棒の稽古)の稽古等

 

刀禅メソッド練行での稽古
・武術に必要な身体動作の基準・原理・原則を学びそれを目安に現状の動きの癖に気づき修正して基準・原理に素直な身体となる様稽古する。
・崩れを正す事に徹する事で他に影響を受けない絶対的な自身を確立する。

 

真神気功(真神拳)
・『左脳』『右脳』の働きに着目した稽古法(*1)
・滝行との組み合わせでより自身の可能性を引き出す。
・稽古の後『気』が巡りほんわかして気分の良いタイミングで皆で質の良い中国茶を飲みながら談笑する。(*2)

 

滝行(真神龍)
希望者と共に滝行も行っております。
人それぞれ感じ方が違いますが、体験した人にしかわからない良さがあります。
きちんとした作法に従い行います。

 


 

(*1)
『真神気功』の『神』の文字は、道教を元とする内丹術の中で人体の構成要素と言われる『精・気・神』の中で人が考えたり何かを思ったりする働きの様です。
『左脳』は計算、声や音の認識、読み書きなど運動脳として働きます。武術でいう『理合い』考えてから動く、技を覚える段階。
『右脳』直感や創造性、空間認識、リズム、イメージなどの働きをしています。武術において実際の戦いに働く。感じて動く。身についた技が機に応じて出る。

 

この脳の働きを呼吸法と独自の動きにより左脳はより集中力を増しクリアとなり感情に左右されない正確な思考が可能となります。

 

右脳はより感受性が高まり、ひらめきや気づきも多くなり、相手の考えを早い段階から察知出来る様になったり、空間中の目が届かない所の動き、異変を感じる可能性が高まります。

 

(*2)
温かな質の良い中国茶が身体に染み込んで行く様を内観し、香りを楽しんでいるうちに質の高い瞑想状態にはいりこめます。
稽古後も温泉に入ったときの様に気持ち良く、気分も爽快、身体も楽になります。

 

関連ページ